ワガノワ留学生情報 / 大人からのバレエ.com

ロシア ワガノワバレエアカデミーに通う留学生が、普段の生活の様子をレポート!
「アカデミーの卒業国家試験終わる!」
久々のワガノワ通信です。
アカデミーでは最終学年の試験が全て終わり、卒業公演のリハーサルが本格化する前のつかぬ間のブレイクタイムです。と言っても、クラスのレッスンは普通にあるのですが。卒業学年のクラシックテストは最も重要で、劇場関係者が審査員に顔を揃えます。今年の主な審査員は次の通りです。
マリインスキー
バレエ監督ユーリ•ファテェーエフ
ミハイロフスキー
芸術監督ナチョ•ドゥアト
劇場総裁ウラジミール•ケフマン
ジャンナ•アユポア
アンドレイ•クリーギン
ヤコブソンバレエ
芸術監督ユーリ•ペトホフ
エイフマンバレエ
芸術監督ボリス•エイフマン
ここでどの生徒をどのランクで採るかだいたいの目星をつけます。
成績は五段階評価に加え、マイナス、プラスが付きます。
テストはクラスのレッスンを作品のように仕上げ、ポーズ無しで約1時間15分程度です。自分の将来がかかっている卒業試験は想像を絶する緊張感とひたすらに飛び続けるコンビネーションで、吐く生徒もいます。
やっとその試験が終わり、天気もかなり良くなったので、今はつかぬ間の天国と言った程です。
今日は入学式
アカデミーの生徒はマリインスキー劇場およびミハイロフスキー劇場(通称レニングラード国立バレエ)の舞台が無料で観ることができます。
学校の事務所に行って、通行証を毎回もらいます。
基本的には立ち見ですが、空いてれば座ることも。

そしてこれが去年一年間で観にいったマリインスキー劇場の舞台のパンフレット。


マリインスキー劇場のプログラム

マリンスキーまではバスで30分50円なのでこのチャンスは生かさないわけがない。
more..
今アカデミーで大活躍!白いハイソックス
今アカデミーで大活躍なのが日本の白いハイソックス。


白いハイソックス

イトーヨーカドーなどが主に野球少年向け出している商品なのだが、耐久性、フィット感にも優れアカデミーの上級生男子の8~9割は着用!テストのウェアにも使用され、なくてはならない存在に。いまや、男子は皆、白い靴下の到着を待ち焦がれている!?

八月号か何だかのクララの表紙を飾った男の子の足元に注目あれ!!
more..
「made in Japan」①

アンメルツヨコヨコもそうなんだけど、なぜかアカデミーの保健室には、made in Japan
のコールドスプレーがある。本番中、舞台袖でも筋肉痛のときは、とりあえず「シュー」って感じ



僕のクラスメートの大好物!
なぜか、ロシア人はスルメが大好き。お土産で一番喜ばれるのが、この組み合わせ。
日本酒は、送るときに割れると困るので、缶の日本酒を探してEMSで送る。缶入りの日本酒があまりない。いまのところ一番は、この「出羽桜」。ペテルブルクの寿司屋に持参して、こっそり一杯飲むのがクラスメートに大好評。ロシア人にも、冷酒にスシの旨さがわかるらしい。
「日本に帰ってきた!」
7月初め、帰国早々、この暑さのせいか鼻血がでた。それにしても暑い。
お土産は、これだけ。モスクワにスパルタクスを観に行ったとき、スタバで買った。
ペテルブルグにはスタバがない!




リハーサルが始まった。アカデミーでは、お稽古場の床が傾斜していて、トランポリンのように床が柔らかい。どんな高いジャンプをしても足を痛めることも、怪我をすることもない。日本の床は堅すぎる.怖くてジャンプが思うようにできない!怪我をしたくないのので、流してやっているとゲキが飛んできた!


写真→アンメルツヨコヨコ

筋肉がパンパンに腫れてくる。そうだ!こんなときは、「アンメルツヨコヨコ」タイツの上からも塗れるので便利。マリインスキーのダンサーもアカデミーの仲間もみんな持っている。「ヨコヨコ」で通用するくらい、ロシアではダンサーの必需品。もちろん今回のお土産も「ヨコヨコ」。筋肉ほぐしのために使うものなので、捻挫したときは、使わないこと!捻挫したら、とにかくアイシング。
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31